お知らせ

トピックス

JAを組合員のために、より身近な組織に
~JAびほく役員・女性部対話集会、開催~

撮影日:平成27年2月16日  撮影場所:高梁市中原町

JA組織の要望を真摯に受け止め、より良い組織にします

2月16日、JAびほく本店でJAびほく役員・女性部対話集会が開催され、部会員ら30人が参加しました。

JAびほくでは、将来に向けた組合事業体制を確立するため事業改革に取り組み、事業所・店舗の統廃合を2月28日付で行います。女性部員からは、当事業改革に対する質問事項や職員の接客態度・施設整備改善・広報活動などに至るまで様々な意見が交わされました。女性ならではの細部に至るきめ細やかな気遣いがあり、質問内容からはJAを組合員のためにより身近な組織として改善していこうとする意識を実感する内容です。

フレッシュミズの副会長として活動する原優子氏は、「近年このような意見がなかなか出てない現状がある中、各支部からの多くの質問・意見・要望は、JA組織にとっては宝の山だと感じる。ピンチをチャンスに転換することにより、JAの強みになるのではないか。この要望をいかに改善していくかが今後JA運営に重要なカギとなってくる」と話します。女性部も次世代層の加入推進が課題となっており、フレッシュミズが活発な活動を行うことで女性部本体とも強固な協力体制が整い、次世代へ女性部運営をバトンタッチすることもスムーズに図ることが可能となるのではないかとの意見も上がりました。