お知らせ

トピックス

園児に、交通安全を指導
~JA共済、親と子の交通安全ミュージカル~

ミュージカルの様子の写真

模擬体験を通じて交通安全の大切さを実感する園児ら

撮影日:平成27年7月2日  撮影場所:高梁市原田北町

JAびほくとJA共済連岡山は合同で7月2日、高梁総合文化会館で「JA共済、親と子の交通安全ミュージカル“魔法園児マモルワタル”」を開催しました。管内の保育園・幼稚園・こども園の4~5歳児を対象とし、合計20園から508人の園児と引率者が参加。ミュージカルを通じて、横断歩道の渡り方や交通用語など会場一体となって交通安全ルールを学習しました。横断歩道の渡り方については、実際に園児が舞台に上がり、演技者と模擬横断歩道を一緒に渡り体験。園児は、元気よく手をあげたりと、演技者の質問に答えていました。

JAの中山晃一代表理事組合長は、「ミュージカルを通じて、改めて交通安全の大切さを実感し、交通事故の未然防止に繋げてもらいたい」と話しました。

このミュージカルはJA共済が、JAと合同で交通事故のない安心して暮せる地域社会を目指して交通事故対策活動など地域貢献活動の一環として実施しているものです。