お知らせ

トピックス

仕組み改訂を前に事前研修
~JAびほく自賠責・自動車共済代理店会議~

研修の様子の写真

事務研修を行うJA共済連岡山の職員

撮影日:平成27年8月6日  撮影場所:高梁市正宗町

JAびほくは8月6日、高梁国際ホテルでJA自賠責・自動車共済代理店会議を開催し、関係者ら35人が参加しました。

今回は、今年10月に控えた自動車共済の大幅な仕組み改訂の事前研修をメインとし、自賠責共済・コンプライアンスについても事務処理の再確認をしました。

JAでは、近年激化する損害保険各社との切替契約・新規獲得契約に対応するため、より一層代理店強化に力を入れています。

第一に、毎年半期に一度8月と3月頃に会議を開催し、代理店間・JAと代理店間の関係強化と事務処理や知識向上を図っています。第二に、各支店に代理店担当者を配置し、代理店との更なる関係強化に繋げるとともに、時代の流れに沿って急速に変化する仕組み内容や事務処理に迅速に対応します。そのため、定期的に代理店担当者会議も開催することで、代理店担当者間で現在抱えている課題を共有し解決策を模索・提供し、円滑な代理店運営を図ることも可能となっています。

その成果が徐々に現れ、JAの代理店契約占有率が、自賠責共済約68.9パーセント・自動車共済約12.3パーセントと県内9JAの中でも高い割合を占めています。

担当する信用共済部は、「共済代理店の業務が向上するためには、JAびほくとしてどの様な取組が必要なのか模索している」と課題をあげ、更なる共済代理店事業強化を行う方針です。現在管内48店舗の代理店が存在し、実績向上に尽力しています。