お知らせ

トピックス

相続相談体制の強化に着手
~相続対策研修会~

研修の様子の写真

新鮮な情報を入手し、利用者に的確に提供します

撮影日:平成27年8月10日  撮影場所:高梁市中原町

信用共済部は8月10日、本店で渉外担当者をはじめ支店担当者全員を対象とし、相続対策研修会を開催しました。

今年1月の相続税の基礎控除引き下げ、税率引き上げのため組合員・地域住民の資産相続への関心がより一層高まっている現状を踏まえ、研修会を開催することで、信用業務に携わる支店職員が、相続の課題と考え方について理解を深め、相続相談体制の強化をするのが目的です。

JA共済連岡山の協力で、上級ファイナンシャルプランナーの資格を有するMatsuda Planning Officeの松田里美代表を講師に迎え、「他人事ではない相続~争属を避けるためのポイント~」と題して研修しました。

松田代表は、生前贈与をすることが相続税対策の最大のポイントであるとした上で、「相続金額の大小に関わらず、争いなく幸せな相続をしなければならない」と呼びかけました。共済契約を活用した相続対策にも触れ、支店担当者が相続対策について知識を深めることで新たな情報を入手し、相続対策と絡めた共済契約の締結に結び付けることも可能となることも示唆しました。

主催した信用共済部は、今後の事業活性化にも繋がるため「新鮮な情報を的確に把握し提供することで、組合員や地域住民との信頼関係構築に繋げていきたい」としています。