お知らせ

トピックス

少しの工夫で、料理の質を向上
~女性部北房主幹支部、地産地消料理教室~

料理教室の様子の写真

講師(写真右)に調理方法を教わる参加者

撮影日:平成27年11月15日  撮影場所:真庭市上水田

女性部北房主幹支部は11月15日、北房文化センターで地産地消料理教室を開催しました。

JA岡山厚生連講師が、地産地消をテーマに「エダマメ入り炊き込みチャーハン」や「細ネギとエノキタケ入りつくね」など4品を指導しました。講師は、「珍しい食材ではなく、身近にある食材を少し工夫することで栄養価を高めることができる」「ただ食べるよりも、工夫して美味しく食べよう」と部員に呼び掛けました。

今回の料理は、今が旬の大根や白菜など自家野菜菜でも代用できる上、若者向きの料理が味噌を使うことで高齢者も食べやすい料理。調理方法もさることながら、料理は見た目も大切です。「食べる人が、食欲のわく彩り・盛り付け方、配膳方法」も実践しました。参加者は、「今回は、炊飯器で調理するチャーハン。食べ盛りの孫たちが来た時に一回で調理が済むので非常に助かる」と喜びました。

参加者が作った料理の写真

炊飯器で調理したお手軽チャーハン♪