お知らせ

トピックス

若い生産者のアイデアを生かした簡単レシピ
~びほく農協トマト部会女性部~

ダンボール窯の写真

窯の温度が約150度前後で維持するため、約5~10分で焼き上がります。

撮影日:平成28年1月21日  撮影場所:高梁市備中町

 びほく農協トマト部会女性部は、産地維持・活性化のために若い生産者のアイデアを積極的に取り入れています。

 今回挑戦したのは、ダンボール窯で焼く簡単トマトピザ。男性の生産者も積極的に加わり、段ボール窯作りから一貫して手作りにこだわりました。きっかけは、生産者が地元子ども会で、子ども達にモノを作る楽しさ、料理を作る楽しさを伝えたいと段ボール窯作りに挑戦したことです。段ボール・デンプンのり・アルミホイール・鉄棒・網という身近にあるものを使い、約900円前後の材料費と低コストなのが魅力。さらに段ボールのため、折りたたみも可能であるため、今後各種イベントの使用が見込めます。簡単トマトピザについても、生地にトマトピューレを練り込み、生地にトマトソースをかけ、輪切りにしたトマトをトッピングします。このレシピは、2月5日に開催する同部会女性部の研修会で関係者に発表し、試食してもらう予定です。

 中迫貞子部長は、工作から食農教育まで行えるメリットと年齢や男女関係なく地域ぐるみで手軽に取り組めるポイントにも着目し、「様々なアイデアを踏襲して、産地維持活性化につなげると共に子どもを含めた次世代層に産地をバトンタッチしていく必要がある」と話しました。

トマトピザの写真

完成した簡単トマトピザ♪美味しいですよ!

びほくのトマトについてはこちら