お知らせ

トピックス

思い出を可愛く保存♪スクラップブッキング
~女性部フレッシュミズ~

スクラップブッキング教室の様子の写真

世界に一つだけのオリジナルアルバムです。

撮影日:平成28年1月26日  撮影場所:真庭市上水田

 女性部フレッシュミズは1月26日、北房文化センターでスクラップブッキング教室を開催しました。

 スクラップブッキングとは、お気に入りの写真をオリジナルの台紙に貼り、メッセージを付けたりして写真を飾るペーパークラフトのことです。写真を劣化させてしまう酸を含まない専用の材料を使用することで、鮮やかなまま子どもや家族の思い出を保存できるのが特徴です。

 今回制作したのは初心者でも取り組みやすい壁掛けです。約15センチ四方の台紙に造花や文字などアイテムの配置を決めて、グル―ガンや糊で接着していくという方法です。講師を務めたのは、部会員でもある妹尾飛鳥(32)さんと横田みゆき(33)さんです。二人は、サクラクレパスメモラビリアートスクラップブッキング認定講師として真庭市内を中心に昨年2月から月1回程度講座を開催しています。

 講師によれば、「子どもや家族の思い出を見直すいい機会。子どもが大きくなった時に振り返る機会ともなり、親の愛情がこもった子どもへの贈り物となる」とメリットを話し、参加者も「思い出作りに良いと感じた」「育児で疲れていても制作している時は気分が晴れそうだ」と笑顔を見せました。

スクラップブッキンの見本の写真

見本です。