お知らせ

トピックス

加工品試作で消費拡大へ
~びほく農協桃部会女性対象研修会~

提案された加工品の数々の写真

提案された加工品の数々。

撮影日:平成28年8月23日  撮影場所:高梁市中原町

 びほく農協桃部会は8月23日、本店で女性対象研修会を開催しました。加工品を試作することで生食以外での消費拡大を想定し、女性生産者を対象にした研修を今回初めて企画しました。小林三十二部会長は「加工品などで上手に利用して多くの人に長期間モモを食べてもらい、生産者意欲向上に繋げていきたい」と期待を寄せました。

 今回使用した品種は、主力品種である清水白桃をはじめ、紅清水、白麗を主に使用。女性生産者と市内商工業者が、モモジュース・ジェラート・ゼリーなど10品を提案しました。市内商工業者が提案したモモジュース、ジャム、ジュレ、ケーキについてはびほく産モモを使用し、すでに販売が始まっています。女性生産者のものは、農家の味そのものであり、産地・生産者ならではの素材そのものを生かした味わい深いものでした。使用している品種も出荷時期により異なり、参加者は「それぞれの品種特性がでた甘さ、舌触りや肉質だった」と振り返りました。

意見交換をする部員らの写真

意見交換をする部員ら。