お知らせ

トピックス

農林水産大臣賞に藤井包温さん輝く
~岡山県トマト振興大会~

賞を受け取る藤井さん(写真右)の写真

賞を受け取る藤井さん(写真右)

撮影日:平成29年2月8日  撮影場所:高梁市原田北町

 平成28年度おかやま元気ベジタブル振興大会「岡山県トマト振興大会」(おかやま元気ベジタブル推進本部などが主催)が2月8日、高梁市の高梁市文化交流館で開催され、生産者など関係者ら約150人が一堂に会しました。この大会は、生産者のさらなる生産意欲の高揚と生産技術の向上を図り、高品質なトマトの安定供給を一層推進しようと、2年ごとに開催しています。

 同大会では、県内3JA161戸が参加した昨年12月のおかやま元気ベジタブル共進会(夏秋トマトの部)の表彰式があり、最優秀賞となる農林水産大臣賞に藤井包温さん(59)=高梁市川上町が輝きました。

 桃太郎8を主力に54アールで栽培している藤井さんは、模範事例となる適期管理と高単価を狙った出荷に挑戦したことなどが今回の結果に結び付きました。藤井さんは、「10年先、20年先の岡山県のトマト産地が維持・発展していくためには、儲かるトマト栽培を実践し、魅力ある農業を発信していくことが大切だ」と生産者に呼び掛けました。びほく農協トマト部会の仲山潔俊部会長も「後半に向けてどれだけ収量をあげられるかが、儲かるトマト栽培の鍵となる。部会と関係機関が一丸となって、栽培技術の底上げをさらに進めていく必要がある」と話しました。

 なお、共進会の入賞者は以下の通り。(上位を占めたのはすべてJAびほく管内の生産者
▽最優秀賞(農林水産大臣賞) 藤井 包温さん
▽優秀賞(岡山県知事賞)作付面積20a以上の部 榎並 憲一さん
▽優秀賞(岡山県農協中央会長賞)作付面積10a以上20a未満の部 高下 留三さん
▽優秀賞(全農岡山県本部運営委員会長賞)作付面積10a未満の部 前原 春美さん