お知らせ

トピックス

ちょっとのひと手間で健康寿命延伸
~女性部成羽主幹支部~

松岡講師(右)から指導を仰ぐ参加者らの写真

松岡講師(右)から指導を仰ぐ参加者ら

撮影日:平成29年4月2日  撮影場所:高梁市成羽町

 女性部成羽主幹支部が4月2日、高梁市成羽町で第10回通常総会と地産地消料理教室を開き、部会員ら約20人が参加しました。通常総会では事業計画や収支予算について承認し、新しい支部長に山本キミ子さんを任命。

 料理教室では、JA岡山厚生連の松岡由美子講師を招き、認知症予防と健康寿命につなげようと「アズキと煎りダイズの炊き込みご飯」、「ブリとハクサイの卵とじ」など4品を調理しました。参加者は「料理教室に参加することでレパートリーも広がり、新たな発見にもつながる」「会話もでき、調理で手も動かすので認知症予防になるので、これからも積極的に参加したい」と笑顔を見せました。

完成写真

完成しました!

 松岡講師も「私たちの根本を作るのが食事。ちょっとのひと手間をかけた食事を日頃から継続してすることが、健康寿命延伸につながり大切だ」と参加者に呼び掛けました。