お知らせ

トピックス

フレッシュミズの部員募集を呼びかけ
~女性部高梁主幹支部第20回通常総代会~

松岡講師の話に真剣に耳を傾ける参加者らの写真

松岡講師の話に真剣に耳を傾ける参加者ら

撮影日:平成29年4月13日  撮影場所:高梁市中原町

 女性部高梁主幹支部は4月13日、本店で第20回通常総代会を開き、総代ら約30人が参加し、事業計画や収支予算に加え、役員改選では中嶌靖子主幹支部長の再任を決めた。

 現在389人が在籍しており、20年以上開いている男性料理教室やニュースポーツ教室など健康維持増進にかかる多彩な活動を展開し、傘下にある7支部では、JAの総合展示会で軽食を販売するなどJA運営にも積極的に参加しています。今年は例年の活動に加え、次代のリーダー育成のためフレッシュミズの部員募集に力を入れていきたい方針です。現在JAでは、フレッシュミズ部会の活動は、真庭市北房地区に留まっており、JA岡山県女性部組織協議会フレッシュミズ部会が県レベルで再結成したことを機に、他の地区でも会員を積極的に募っていきます。中嶌主幹支部長は「高梁主幹支部でも地区の若い人に声掛けを行い、フレッシュミズ会員を誕生させよう」と呼びかけました。統括する生活部の小田弘人部長も「JAをよりどころとして仲間づくりの輪を広げていってほしい」と話しました。

 講演では、JA岡山厚生連の松岡由美子栄養士が「大丈夫?私達の『食』」と題し、食生活の変化や認知症予防対策について呼びかけました。国内自給率が低迷している中、松岡講師は「地元で取れた旬の農畜産物をしっかり噛んで食べ、自分の健康は自分で守ろう。健康寿命延伸にも重要なことだ」と話します。