責任収穫キャンペーン第2弾!~真っ赤なトマト祭り編~
びほくの特産品

びほくのトマト

県下一位の出荷量を誇るびほくのトマト。選果場の設備も自慢です。
トマトの写真

岡山県第一位の出荷量

夏の元気印「トマト」。JAびほくは岡山県内の出荷量の50%を占め、JAびほく産のトマトが、岡山県第1位の出荷量となっています。

びほく管内の主力作型は夏秋栽培(7月から11月までの収穫)が主力。夏秋トマトは県中北部の涼しい高原地帯を中心に栽培され、昼と夜の温度差を敏感に感じる度に、ぐんぐんと旨みと栄養を増していきます。

出荷時期のカレンダー
岡山県の地図

岡山県の9JAの中で、JAびほくが最大の出荷量です。

中国地方最大のトマト選果場

トマト選果機の写真

 3列のベルトコンベアー、カラーソーターで画像解析、自動箱詰めロボットで1時間に1000ケースの箱詰めなど、県下最大の出荷量を支える選果場です。

 主な出荷先は大阪、京都、岡山市場です。京阪神市場においても岐阜、愛媛などと肩を並べる産地となっています。

栽培品種は桃太郎

 現在JAびほく管内で作られているトマトは「桃太郎8」。「桃太郎8」は、甘みが強く酸味も適度な品種で、気温が下がる9月になると、ますます甘みがが増してきます。

 岡山産桃太郎トマトのマスコットキャラクターの愛称は「赤丸ぴん太郎」。赤丸は岡山産桃太郎トマトの、まるまるとして真っ赤に熟した感じを表現し、ぴん太郎はピーンとはちきれんばかりの新鮮さ、トマトに多く含まれる栄養素リコピンを表しています。

箱詰めされたトマトの写真
トマトを運ぶ赤丸ピン太郎
トマト関係者と赤丸ピン太郎の集合写真

着ぐるみにもなっている赤丸ぴん太郎。産地でも人気者で、みんなから愛されています。

栄養満点のトマト

 「トマトが赤くなると医者が青くなる」-これはヨーロッパにあることわざです。昔からトマトはカラダにいい野菜として知られてきました。βカロチンをはじめリコピン、ビタミンC、ミネラル、食物繊維など、とにかくトマトは毎日の健康維持にもってこいの要素が豊富です。

トマトのイメージ写真

 完熟トマトの鮮やかな色のもとであるβカロチンとリコピン。今最も注目すべき働きは、発ガン原因でもある「活性酸素の発生」や成人病のもとである「過酸化脂質の生成」を抑えるところにあります。また、βカロチンは皮膚や細胞の働きを正常に保ったり、目の健康維持に実力を発揮。一方、トマト以外ではあまり含まれないリコピンは、まだ私たちにはなじみの薄い存在とはいえ、最近の研究でβカロチンの2倍ものガン抑制作用があることもわかってきました。動脈硬化の予防にもなり、現代の食生活における理想的な役割を果たしています。

トマトの料理の写真

 さらに、ビタミンCは老化防止やシミ・ソバカスの原因となるメラニンの作用を抑える働きがあり、女性には見逃せない栄養素です。普通の大きさのトマト1個には1日の必要量の7~8割は補えるほどのビタミンCがあり、特に種のまわりのゼリー質に、そして青いものより完熟トマトに多いのだそうです。

栽培の歴史

 夏秋トマトの栽培は昭和33年ごろ、成羽町吹屋地区で始まり、35年には川上町で、その翌年には備中町で取り組まれるようになりました。

 この間多くの生産者の研鑽に支えられ、気象災害、病害虫の発生等幾、多の困難を乗り越えて確実に定着し、地域農業の発展に大きく貢献し今日に至っています。

 共同育苗、雨除け栽培、機械選果、マルハナバチの導入、養液土耕栽培、等の新しい技術や環境に優しい栽培を積極的に取り入れ安全で安心なトマト生産に努めています。

トマト生産者の写真

トマト生産者の中笹さん。
ホームページ内の『ガンバレ農業!トマト産地を支える~高梁市備中町東湯野在住の中笹(なかざさ)さん~』の記事もぜひご覧ください!

記事はこちら

簡単でおいしいトマトの食べ方

トマトのイラストトマトと玉ねぎの簡単サラダ
  1. トマトを一口大に切る。
  2. 玉ねぎを薄く切って水にさらす。
  3. 皿にトマトを並べ、水気を切った玉ねぎをかける。
  4. お好みのドレッシングをかけて完成。
トマトのイラスト小さめのトマト

湯むきして冷蔵庫で2時間冷やして召し上がってみてください。

どちらもトマト本来の味が味わえて、おいしいですよ♪

盛り上がってます!びほくのトマト

段ボール窯の写真

びほく農協トマト部会女性部は、産地維持・活性化のために若い生産者のアイデアを積極的に取り入れています。今回挑戦したのは、ダンボール窯で焼く簡単トマトピザ。男性の生産者も積極的に加わり、段ボール窯作りから一貫して手作りにこだわりました。

記事はこちら

販売イベント時の写真

イトーヨーカドー岡山店でびほく産桃太郎トマトの試食宣伝および販売促進を行いました。フレッシュおかやまも応援にかけつけてくれました!

記事はこちら

出荷進発式の様子

トマト部会出荷進発式では、JAびほくがオフィシャルスポンサーを務めるFC吉備国際大学Charme(シャルム)の選手5人が応援に駆けつけてくれました!

記事はこちら

トマト料理を見せる女性

「秋のトマトを美味しく食べよう~!桃太郎トマト収穫体験&お好み焼き教室」では、オタフクソース(株)による桃太郎トマトを使ったソースでお好み焼きを作りました!

記事はこちら

桃太郎トマト大福の写真

びほく農協トマト部会女性部は、桃太郎トマトを使った料理を研究中です!写真は、桃太郎トマトが丸ごと入った大福です!

記事はこちら

試作品の一覧はこちら

地元でも愛されているびほくのトマト!ぜひ、JAびほくのトマトをお召し上がりください!

JAびほくのトマトは、オンラインショップでご購入いただけます。

管内の直売所でもお求めいただけます。

オンラインショップはこちら 直売所についてはこちら

※販売はトマトが採れる時期のみとなります。