びほくの特産品

びほくのトマト

県下一位の出荷量を誇るびほくのトマト。選果場の設備も自慢です。
トマト選果機の写真

トマト選果場のご紹介

 JAびほくのトマト選果場は、市場到着までの一貫した低温管理を行い、省力化、製品の均一化、予冷の徹底を図っております。

 この選果場では、ベルトコンベアー3列でトマトを送り、選果員が目視した後、カラーソーターで画像解析。大きさや着色、形状を調べて選果後、自動ロボットで1時間に約1000ケース(1ケース4キロ)を自動箱詰めした後に、予冷庫で管理し、出荷しております。

トマト選果場の写真

JAびほくトマト選果場
〒716-0302
高梁市備中町布瀬1657-1
tel : 0866-45-4141

 主な出荷先は大阪、京都、岡山市場です。京阪神市場においても岐阜、愛媛などと肩を並べる産地となっています。

選果場内の様子1
選果場内の様子2
選果場内の様子3

鮮度を保つための工程

トマトのイラスト工程1 カゴにトマトが積んである写真

農家で熟したトマトは各地区5箇所の集荷中継予冷庫へ持ち込まれます。

→
トマトのイラスト工程2 トラックに積み込んでいる写真

集荷中継予冷庫から保冷車で、選果場の原料予冷庫へ運び、選果の順番を待ちます。

↓
トマトのイラスト工程3 選果場内の作業の様子

原料予冷庫からコンベアで運ばれたトマトは、作業員がフリートレーに乗せ、等級を指示します。

→
トマトのイラスト工程4 機械選別装置(カラーソーター)の写真

機械選別装置(カラーソーター)の画像分析で、上部から色と形状について選果されます。

↓
トマトのイラスト工程5 箱詰めロボットの写真

ダンボール箱は機械で組み立て、箱詰めはロボットで行い、梱包作業まで自動化されています。

→
トマトのイラスト工程6 予冷庫の中の様子

箱詰めされた製品は、等階級ごとに製品予冷庫に納まり、出荷を待ちます。

↓
トマトのイラスト工程7 保冷車に積み込んでいる様子

保冷車に、高原のさわやかな空気も詰め込んで、各市場へ。

→
トマトのイラスト工程8 おいしそうなトマトの料理の写真

市場からスーパーなどのお店を経て、消費者の皆様に健康をお届けしています。

地元でも愛されているびほくのトマト!ぜひ、JAびほくのトマトをお召し上がりください!

JAびほくのトマトは、オンラインショップでご購入いただけます。

管内の直売所でもお求めいただけます。

オンラインショップはこちら 直売所についてはこちら

※販売はピオーネが採れる時期のみとなります。