ちびっこ食農活動レポート

もも太郎いるかな?(桃の収穫体験)

JAびほくについて

8月14日に「第3回食と農業と環境を考えるスクール~もも太郎はいるかな?~」を開き、有漢町の綱島繁廣さんの桃園で、子ども達は「清水白桃」の収穫体験をしました。今年度3回目の開催となる同スクールに、子ども46人と保護者の参加がありました。

6月26日に行った「第1回食と農業と環境を考えるスクール~もも太郎を育てよう!~」で袋掛けをした桃を収穫。

圃場では、JA担当者が収穫方法、注意点を説明しました。その後、各自、袋掛けをした桃を目指して圃場内に入りましたが、今年は生理落果が多く、掛け袋の中は何もない状態もありました。袋の中から白くて大きな桃を見け、手を伸ばして収穫しようと枝を持っても予想以上に力がいり、勢い余って手から落ちる桃もありました。

体験した子ども達は、「いっぱい採れた。誰に食べてもらおうかなぁ」と、嬉しそうな笑顔を見せていました。