ちびっこ食農活動レポート

ケチャップも作れるよ JA親子クッキング教室

JAびほくについて

親子クッキング教室の様子

熱湯にトマトを入れます

8月7日、JAびほく女性部は、JAびほく本店料理教室で小学生を対象とした「JA親子クッキング教室・ちゃぐりんフェスタ」を開き、小学生と保護者合わせて26人の参加がありました。

当日はトマトケチャップとそれを使ったオムライス、野菜たっぷりのスープ、ゼリー、けんびき焼きの5品を作りました。

トマトケチャップは完熟トマトの皮を湯剥きし、じっくりと煮込んで作ります。熱湯にトマトを入れる際、熱くて怖がっていましたが、湯剥きしたトマトとタマネギを上手にみじん切りにし、調味料を合わせて弱火で煮込みました。色は市販のトマトケチャップのように赤くはありませんが、トマトの酸味とタマネギの甘味が凝縮され「美味しい。家でも作れそう」と、声が上がりました。

子供達は食材を切る時の押さえる手が「猫の手」になっており、日頃から手伝いをしている事がうかがえました。

岡山県の伝統的なお菓子けんびき焼きは、餡(あん)を生地に包み丸める事が難しかったようで、上手にできると指導にあたった女性部員に笑顔で見せていました。

子供達は「知らない人と、いろんな話をしながら料理ができて、楽しかった」「ケチャップを自分で作れるのがスゴイと思った」と話していました。同フェスタが交流の場となり、また料理の大切さ、楽しさを感じてもらう事ができました。

上手に切れてます

あんを包みます

できあがり