ちびっこ食農活動レポート

たくさん取れたよ!ニューピオーネ

撮影日:平成26年7月16日 撮影場所:高梁市宇治町 宇治高原農園
JAびほくについて

収穫の様子

両手に抱えたニューピオーネ

7月16日、宇治高原農園の協力のもと高梁市立宇治小学校1~4年生と高梁市立宇治幼稚園の園児らあわせて14人が参加し、ハウス栽培のニューピオーネを収穫しました。

食農教育プランの一環として行われたものであり、5月30日に自分達で袋掛け作業をしたニューピオーネです。

袋掛けの際、生徒や園児らは、自分の名前や好きな絵を描いた袋を、一生懸命ピオーネの房にかけました。

生徒や園児らは、袋掛け作業の後も子どもとは思えないほどのニューピオーネの栽培方法や生長の仕方などについて詳しく生産者に質問し関心を深めました。

収穫当日も、ハウス内に入ると一目散に自分の袋を探しに行き、大人たちの手を借りながら慣れない収穫作業に汗を流しました。

生徒や園児らは、自分達の手では持ちきれないほどに生長したニューピオーネに感動しながら、満面の笑顔を浮かべました。

最後に、「自分達は袋掛けしかしていませんが、暑い中の作業が本当に大変なことがわかったので大切に食べたいです。大きく生長したニューピオーネが収穫出来て嬉しかったです。」などと感想を述べました。

食農教育プランが目指す通り、次代を担う子ども達は、食農教育を通じて、「食と農」に触れ「食べ物・農・ふるさと・自然・環境」などの大切さを身を持って実感しました。

子ども達は、暑い中の作業でしたが、日頃出来ない体験を楽しみました。

JA担当者の話を聞く生徒・園児