ちびっこ食農活動レポート

夢大納言小豆の美味しさ、児童に

~夢大納言小豆学校給食へ提供、高梁市立高梁小学校~
撮影日:平成27年2月27日 撮影場所:高梁市落合町
JAびほくについて

「夢大納言小豆、とっても美味しいよ!」

高梁特産の夢大納言小豆を使用した「ぜんざい」の給食提供が、2月13日より随時が始まり、市内小中学校・幼稚園および保育園40校園に提供されました。13日には川上学校給食センター管内の小中学校・幼稚園及び保育園の9校園、17日には有漢学校給食センター管内の計10校園、27日には高梁学校給食センター管内の計21校園に提供されました。

今年で2回目となり、高梁市農業振興協議会とJAびほくが、食育の一環として取り組んでいます。教職員を含めて約2,700人分、約60キロの夢大納言小豆を使用。

2月27日には、高梁市立高梁小学校4年生の児童約30人と近藤市長、平田教育長、JAびほく平山専務が一緒に実食しました。

児童らは「とっても美味しい」とおかわりをする姿も見受けられました。夢大納言小豆は、良質・多収で製餡性に優れ、食味が良いのが特徴です。現在、市内商工業者からの引き合いも強く、高梁ならではの商品の開発・販売がなされ、収量の半数以上を地元で販売消費し、安定的な販売経路が確保されています。平成26年産は、33名の作付者が2.1haで栽培を行っています。